去る9月30日、10月1日の二日間にわたり、龍谷大学一期会による同窓会が開催されました。

次回は平成26年に広島での開催も予定をされているようです。

以下は事務幹事でございます、宮城泰年様からのご報告文書となります。

_________________________________________________

龍谷大学一期会同窓会開催報告 去る9月30日10月1日の一泊二日で開催した。新制大学第一期 卒業生にとって、大宮学舎本館は大銀杏の校歌とともに忘れられな い存在である。30日午後幹事の導師によって追悼法要がなされ た。この二年間に連絡のあった者だけで12人が物故している。住 職を送った坊守さんからお供えが届き、仕事の都合で追悼法要だけ に参加されたという会員もあり、それぞれが香を捧げて亀岡市湯の 花温泉に移り21人で宿泊懇親の席を持った。 翌日は期待されていた保津川下りだが、半月前の水害復旧が間に合 わずに急遽トロッコ列車からの観光と大覚寺門跡の特別拝観へ変更 となり、また異なった視点からの京都に触れ、再会を約して午後3 時京都駅で解散となった。 今回も夫人や二人の息女同伴というメンバーも入り、卒業以後始め ての参加があったりで穏やかな旅であった。今後の開催について平 均年齢83才という高齢化による遠出敬遠の意見もあったが、40 年続いているのだから動ける限り縁故の地で毎年開催という元気な 聲も上がり、平成26年は広島となった。