日時:2012年5月7日

場所:神奈川県長徳寺

【写真】 あくいふ会

昭和37年度~39年度に、大宮学舎南寮で仲良くなった二つの部屋の者々が、約50年に渡って親睦を続けている。「悪友会」の意味だが、外聞が悪いこともあって、「あくいふ会」と名乗っている小グループである。

今年は、5月7日、神奈川県横須賀市の長徳寺に集合。このお寺の住職を勤めていた中島量雄さん(旧姓片岡)が一昨年亡くなられたので、まずここで追悼会。導師は前田彰寿さん、記念法話は大田利生さんが担当。座敷でお茶を戴きながら、今は亡き友を偲んだ。色紙に寄せ書きを残した。記念撮影の後、油壺の観潮荘に移動。

夕方、六時半より懇親会。昨年、大田利生さんが本願寺派勧学となられているので、その就任祝賀会を兼ねさせていただいた。乾杯の音頭は吉田俊宣さん。幹事長の河合信悟さんが挨拶の後、皆からの祝賀記念品(硯を含む書道用品)が贈呈された。亀山靖爾ご夫妻等中心に話に花が咲いた。この夜はこの宿に就寝。

翌入日、朝食の後、マリンパークを見学し、子供に帰る。10人乗りのジャンボタクシーにて城ケ島を訪れる。富士山までは見通せなかったが、お天気の中、ぶらぶら散策。城ケ島ホテルのレストランで昼食。その後、くりはま花の国へ。ポピーが満開、とはいかなかったが、往復40分のフラワートレインで目を楽しませることが出来た。タイムリミットが近づいていた為、予定の記念艦三笠はパス。予定通り、午後四時、新横浜駅に着き、次回を約束して散会。

参加人員は、出入りもあったが、3夫婦を含めて総勢10名でありました。