昭和26年龍大に入学した同窓生の集まりを毎年6月6日に行っていますので、六六会と称しています。

平成25年度は、6月5、6、7日(二泊三日)で開催。5日に広島市寺町の龍寺に参集し、物故者追弔法要をつとめ、バスで出雲玉造温泉へ移動、湯につかりながら旧交を温めた。

翌6日に遷宮60年の出雲大社・松江市内を観光し、その日は伯耆の大山を望む皆生温泉に泊まる。翌7日は、足立美術館を見学。龍大深草学舎顕真館の正面玄関をかざる平山郁夫画伯の「祇園精舎」の陶板画の原画(実物)が陳列してあり、この名画の前にただずみ合掌する。

参加者は総勢32名(男性17人、女性15人)。同期生はいずれも80台を超え、参加者が減少するが、女性(夫人方)がふえ、それなりに賑やかな会となりました。

来年(平成26年)は次のようにきまりました。

日時 6月4日 正午(ランチタイム)

場所 円山公園の料亭「左阿彌」

会費 六千円

世話人 山崎宏賢さん(Tel 0774.41.6036)Fax同じ

〒613-0034 京都府久御山町佐山80 浄安寺

参加申し込みは、山崎さん宛に。但し、宿泊(おやど)は、各自で適宜にとること。

 

西本願寺大谷光真門主の「ご退任行事(6月5日)」に併せて、6月4日に設定しましたので、同期生はもとより、ご夫人・ご子弟など大勢、ご参加を期待しています。

(25年世話人 明石 光麿記)