昭和五十年入学 文学部史学科東洋史専攻

定例化二度目の同級会

前回決めた三年ごとの開催、八月二十日に二度目の同級会を開きました。五十代半ばという難しい年齢です。仕事の都合、体の具合…参加者は前回より二人少ない十一人でした。

前回は宴会だけだったので、文化的な香りもと飛雲閣の見学を盛り込みました。入学時に見学したのですが、三十六年も前。記憶を確かめる話に夢中で、説明を聞くのがおろそかになってしまいました。お詫びします。

宴会会場は四条河原町。随分変わりましたね。前回は久しぶりの再開で、学生時代の話で盛り上がったのですが。今回は歳相応?に、コレステロールだのガンマGTPだの血圧だの健康の話。そして子供の話題です。ちなみに孫ができた人はいませんでした。二次会は眠い目をこすって近くのショットバーへ。若い人の中で異彩を放ってしまいました。

(文責・秋山公哉)